コラム

 なんと、2年近くも、コラムを更新していませんでした。すみません。個人的にいろいろと問題を抱えていたこともあるけれど、もう原稿を書くのが面倒になったのかもしれないですね。誰も読んでいないかもしれないし。
 2年前のコラムを読んでみたら、自分でも難しくてよく理解できませんでした。それに、金融緩和をして税率を下げれば、景気は好転するのではないか、と書いたけど、2年後の今は、住民税や固定資産税、社会保険料は上がり、個人の収入はまったくあがっていません。まるで正反対になっているようです。予想が当たらなかったこともまた、謝らないといけませんね。
 ことしは、3月の米中貿易戦争と10月の消費税値上げなどで、波乱の年になりそうです。レーダー問題が影響しているのかどうか分かりませんが、韓国との貿易額も2桁減。中国の成長率鈍化と相まって、世界経済の雲行きは怪しくなっています。
 そのカギを握るのが、米国のトランプ大統領。いつもテレビでアメリカ・ファーストと繰り返していますが、なんか詐欺師のような感じがして、個人的には好きになれません。それに、あの金髪ヘッドがなんとも気になります。
 ある人が、あれはカツラか、片方だけ伸びた髪を反対側までもっているのではないか、と言っていましたが、うむ、なるほど、そういえば不自然だわね。若い移民の奥さんを持ちながら移民排除を訴えたり、自動車部品に高関税をかけた結果、米国内の自動車産業のコスト高を招いて失業者が増えたり、なんだかよく分からない価値観と発想で、何だかな〜と思ってしまいます。
 でも、時にはああいう支離滅裂な人が、何事かを成し遂げたりします。トランプ氏を目の前にしたら、ほとんどの人がかかわりたくない、と思うのではないでしょうか。常識外れの人を相手にすると、交渉する気力を失いますからね。
 そういう意味では、米国大統領とロシア大統領は、偉人の部類に入るのかもしれません。日本の政治家にも、そんな支離滅裂が人がいるといいですね。もし浜田幸一さんが生きていて日本の首相になっていたら、米国やロシアの大統領とお友達になれたのではないかと思います。
 田中真紀子さんでも、いい線いけるのではないでしょうか。それに比べると、東京都知事の小池百合子さんは、あまりに小粒すぎて、あきまへんな。

Page Top