コラム

過去よりも未来に目を向ける

 サラリーマンなら定年間近な歳になったためか、高校や大学の友人らが遊びに来て、昔話をする機会が増えた。あの時は良かった、あのときはこうだった…などと遙か昔のことを振り返る。でも、正直に言って、こちらはいつも戸惑ってしまう。実は昔のことを、ほとんど覚えていないのだ。自分のこと以外は…。
 毎日、振り返る余裕などなく、必死に生きてきた。大切なのは、きのうのことよりも、明日どうするのかということだった。それは、今も同じである。年をとれば少しは楽になるかと思ったが、まったく違った。いまだに明日が不安で、昔のことを振り返る余裕がない。私にとって過去は、終わったことである。友人らには申し訳ないが、そんなもののために時間を使うのは惜しいと思っている。しかし、未来のことを話すなら、どんなに時間をかけてもかまわない。
 終戦後、焦土と化した日本は、半世紀もたたないうちに経済大国になり、先進国の仲間入りをした。なぜなのか。私なりに感じるところがある。
 戦時中、米軍は日本の主要都市の無差別爆撃をし、広島や長崎に原爆を投下して、軍人だけでなく、非戦闘員も殺傷した。現代なら、たとえ戦争であっても許されない民間人の殺戮である(当時も同じだと思うが…)。しかし、敗戦後の日本人は、米国に面従腹背するわけでもなく、恨みを抱くわけでもなく、欧米諸国に追いつこうと必死に働いて復興を果たした。国家滅亡の危機から一転して民主主義国家として成熟し、先進諸国と肩を並べたのである。
 私たちはよく、「水に流す」と言う。これは、日本人の気質を表す象徴的な言葉ではないか。過去にこだわらないのは、日本人の美徳でもあると思う。米国を恨み、責めていたのでは、今の日本はなかっただろう。「人を恨めば穴二つ」とも言う。多くの日本人は潔さを好み、恨みを捨てて前進するのだ。
 かの国の大統領は、「1000年恨みを忘れない」と言ったらしい。さまざまな国内事情から出てきた言葉なのだろうが、過去に拘泥するその思考と行動が、憎い日本をいまだに追い抜けない理由なのではないか。
 昔のことをどんなに語っても、あしたが変わるわけではない。だったら未来のことを考え、語り合い、共に行動したほうが得策だ。国家だけでなく、企業も仕事も家庭でも同じだと思う。

Page Top